« 三味線?ハミルトン(メルセデス)、「変わらない」 | トップページ | イタリアGPフリー3回目、ここでもハミルトン最速 »

2015/09/05

「我々の愛するサーキット」 (ホンダ)

F1150905001hフェルナンド・アロンソ (C)Honda Motor Co Ltd.

September 4 2015, PRACTICE
Formula 1 Gran Premio D'Italia 2015 (Monza)

2015年9月4日(金)・1日目フリー走行  
会場:モンツァ・サーキット  全長:5.793km

今日のフリー走行は、2回ともチームにとって難しいセッションとなりました。

午後はジェンソン・バトンのマシンに冷却水の漏れが発生。セッション終了までに、マシンを走行できる状態にまで戻せなかったため、バトンは午後にほとんど走ることができませんでした。そのため、マシンの熟成作業の大半をフェルナンド・アロンソ側のガレージで実施することになりました。
明日のフリー走行および予選を前に、エンジニアは今夜、データ収集を行う予定です。今週末は9基目のICE(内燃機関)を取り付けたことによって、両マシンともグリッド降格ペナルティを受けるため(アロンソは10グリッド、バトンは5グリッド)、明日の予選は難しいものとなるでしょう。

コメント
フェルナンド・アロンソ
MP4-30-01
FP1 1分28.023秒(トップとの差 +3.353秒)11周 17番手
FP2 1分26.966秒(トップとの差 +2.687秒)31周 16番手
「ここが我々にとって厳しいサーキットであることは分かっていました。ただ、マシンへの理解を深めるために、いくつかの変更を行ったので、土曜日にどうなるのか見てみましょう。
明日、雨が降れば、特に前方のマシンにとっては混乱する状況になるはずです。ただ我々にとっては、それほど大きな違いにはならないでしょう。両マシンともエンジン交換によるグリッド降格ペナルティを受けるので、後方からのスタートとなります。
明日はエンジンをセーブするために、周回数を最低限に抑えるつもりです。レースでは順位を少しでも上げられるよう願っています」

ジェンソン・バトン
MP4-30-04
FP1 1分28.423秒(トップとの差 +3.753秒)12周 18番手
FP2 1分28.471秒(トップとの差 +4.192秒)3周 19番手
「モンツァに来るのはいつも楽しみです。ここは我々が愛するサーキットですし、ファンの方々はとても熱狂的です。レーサーとしては、そのような雰囲気に包まれながらレースに臨むのは、すばらしいことです。
今日は難しい一日でした。FP2の開始直後にマシンの冷却水を失い、ERS(エネルギー回生システム)の交換に時間がかかったため、午後のセッション終了前に再度コース上に戻ることができませんでした。そのため、タイム計測を1回しか行うことができず、その結果もあまり良くありませんでしたが、少なくとも我々はフェルナンドのデータから何かを学ぶことができます。
我々にとって厳しい週末になることは分かっていましたし、こういったことが起こると、状況はさらに厳しくなります。明日はトラブルが出ないことを願っています」

ホンダモータースポーツリリース

エリック・ブーリエ | McLaren-Honda Racing Director
「ここモンツァと(前回の)スパ・フランコルシャンの両方が、我々にとって非常に困難なサーキットであることは分かっていましたが、F1とは簡単なものではないのです。この2つの試練の週末を乗り越えたときに、以前よりもさらに力強く、団結できるでしょう。
今日はチームにとって難しい一日となりました。特にジェンソンは、マシンに水漏れが発生したために、午後のセッションではほとんど周回を重ねることができませんでした。
最後になりましたが、懸命に仕事をこなしてくれるメカニックのメンバーには感謝の気持ちでいっぱいです。FP1とFP2の間に、予定していた両マシンへのエンジン交換を実施してもらいましたが、明日のFP3に向けて、再度2台ともエンジンを交換する予定です。メカニックのメンバーの熱心で献身的、かつポジティブな姿勢は称賛に値します」

中村聡 | Honda R&D Europe(HRD-ミルトンキーンズ) チーフエンジニア
「FP1は両マシンに新ICEを搭載し、計画通りの走行プランでレースに向けたマシンのセットアップを進めました。エアロやPU(パワーユニット)の基本的な確認を行ったところで、この週末に予定しているPUの搭載プランに従って、セッション終了を待たずにFP2に向けた作業を開始しました。
午後の走行は、フェルナンドは順調にセットアップの項目をこなしていましたが、ジェンソンのマシンでは水漏れが発生したため、ガレージにマシンを戻して調査を行いました。結果、ウォーターホースのフィッティングにズレが確認されたため、セッション内に修復作業を完了しましたが、確認を終えた段階でFP2の残り時間が少なくなったため、マシンを再度ガレージから出さずにセッション終了としました。ERSなどへの影響は特になく、明日のセッションに向けてすでに準備を開始しています。
フェルナンドのロングランも含めたデータを元に、明日のセットアップにつなげたいと思います」

1日目フリー走行 1 リザルト
順位 ドライバー チーム タイム 周回数
1 ルイス・ハミルトン Mercedes 1'24.670 25
2 ニコ・ロズベルグ Mercedes 1'25.133 22
3 セバスチャン・ベッテル Ferrari 1'26.258 17
4 ニコ・ヒュルケンベルグ Force India 1'26.612 19
5 セルジオ・ペレス Force India 1'26.730 29
6 キミ・ライコネン Ferrari 1'26.783 16
7 ダニエル・リカルド Red Bull 1'26.922 27
8 フェリペ・マッサ Williams 1'26.936 22
9 バルテッリ・ボッタス Williams 1'27.075 25
10 パストール・マルドナド Lotus 1'27.118 28
11 フェリペ・ナスル Sauber 1'27.232 21
12 ダニール・クビアト Red Bull 1'27.275 29
13 マーカス・エリクソン Sauber 1'27.454 17
14 マックス・フェルスタッペン Toro Rosso 1'27.591 27
15 ジョリオン・パーマー Lotus 1'27.669 28
16 カルロス・サインツ Jr. Toro Rosso 1'27.907 8
17 フェルナンド・アロンソ McLaren-Honda 1'28.023 11
18 ジェンソン・バトン McLaren-Honda 1'28.423 12
19 ウィル・スティーブンス Marussia 1'29.853 22
20 ロベルト・メリ Marussia 1'29.911 12

|

« 三味線?ハミルトン(メルセデス)、「変わらない」 | トップページ | イタリアGPフリー3回目、ここでもハミルトン最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62223169

この記事へのトラックバック一覧です: 「我々の愛するサーキット」 (ホンダ):

« 三味線?ハミルトン(メルセデス)、「変わらない」 | トップページ | イタリアGPフリー3回目、ここでもハミルトン最速 »