« レッドブル勢にもエンジン交換ペナルティの可能性 | トップページ | ウィリアムズ、マッサ&ボタスの来季残留発表 »

2015/09/04

ピレリ、タイヤバーストの原因は「外的要因」

Pitstop Scene (C)McLaren Group
拡大します
イタリアGP開幕を前に、ピレリタイヤは先のベルギーGPで起きたタイヤバーストの原因について調査した結果を明らかにした。
それによればロズベルグ(メルセデス)&ベッテル(フェラーリ)2車のいずれもデブリ(破片)等によるカットが原因で、タイヤ本体の構造に異常はなかったという。

調査は上記2台だけでなく、他のマシンについても行われたが、そこでは他にもカットが見つかり、中にはベルト(内部構造)にまで達したものもみられたとのこと。
とりわけベッテルのタイヤは70%がすり減っていて、わずかなキズがバーストをもたらせたとしている。

ただこの調査結果を受けたパドックでは「予想されたもの」として、いずれのチームも冷めた反応を示している。

|

« レッドブル勢にもエンジン交換ペナルティの可能性 | トップページ | ウィリアムズ、マッサ&ボタスの来季残留発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62213820

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、タイヤバーストの原因は「外的要因」:

« レッドブル勢にもエンジン交換ペナルティの可能性 | トップページ | ウィリアムズ、マッサ&ボタスの来季残留発表 »