« 表彰台の3人、一様にイタリアGP存続を訴え | トップページ | 新井康久氏(ホンダ)、「予想通りの厳しい結果」 »

2015/09/07

トラブルのロズベルグ(メルセデス)、「悪い流れ」

Mercedes AMG Duo (C)Mercedes Motorsports
拡大します
記録上は17位フィニッシュながら、メルセデスAMGチームにとって事実上今季初のリタイヤとなったニコ・ロズベルグは、次のようにこの結果を悔やんだ。

「今週はとにかく厳しい1週間だった。
次から次へとマシンに問題が起こり、僕にとっては優勝争いどころじゃない、最悪なものになってしまったよ。
せめて完走していくばくかのポイントを手にしなければならなかったのに、あと数周でゴールというところでリタイヤだもの、ほんとうに辛い。
ストップする少し前からパワーが低下するのを感じていたんだけど、コクピットではどうすることもできない、ただ早くチェッカーになるのを祈るしかなかったんだ。
悪い流れだね。
これでチャンピオンシップ争いはさらに厳しいものになったけれど、落ち込んでいたってしかたないのでまた気分一新頑張るしかない」

今回のレースでハミルトンとのポイント差は28ポイントから一気に53ポイントまで広がることとなった。

|

« 表彰台の3人、一様にイタリアGP存続を訴え | トップページ | 新井康久氏(ホンダ)、「予想通りの厳しい結果」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62234136

この記事へのトラックバック一覧です: トラブルのロズベルグ(メルセデス)、「悪い流れ」:

« 表彰台の3人、一様にイタリアGP存続を訴え | トップページ | 新井康久氏(ホンダ)、「予想通りの厳しい結果」 »