« フェラーリ・チーム代表、FDA継続を協調 | トップページ | F1復帰目指すミシュラン、ピレリタイヤを痛烈非難 »

2015/09/01

ピレリ、タイヤバーストの事故原因調査終了

 Image
ピレリタイヤのポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターは先のベルギーGP決勝レース中に起きたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)のマシンのタイヤバーストについて、事故原因の究明が終了したことを明らかにした。

ただし、その結論は今週末行われるイタリアGP時まで公開しないとのことだ。
その言い分からはピレリタイヤ側に構造など技術的問題があるものとは考えにくく、これまでの主張通りタイヤの摩耗限界を超えてベッテルがタイヤを使い続けたというもののようだ。
その場合、イタリアGPではタイヤの周回数制限が科せられることも考えられる。

|

« フェラーリ・チーム代表、FDA継続を協調 | トップページ | F1復帰目指すミシュラン、ピレリタイヤを痛烈非難 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62195756

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、タイヤバーストの事故原因調査終了:

« フェラーリ・チーム代表、FDA継続を協調 | トップページ | F1復帰目指すミシュラン、ピレリタイヤを痛烈非難 »