« 痛恨ライコネン(フェラーリ)、「スタート手順は適切」 | トップページ | 「マクラーレン、新井康久氏更迭を要求」との報 »

2015/09/08

メルセデス、レッドブルへのエンジン供給を拒否

Mercedes 3 Pointed_Star (C)Mercedes Motorsport
拡大します
かねてレッドブル・レーシングへの新たなエンジン供給元との噂が絶えないメルセデス・モータースポーツだが、親会社であるメルセデス社がこれを否定したことが明らかとなった。

これはイギリスの専門誌である『オートスポーツ』が報じたもの。
それによれば決定を下したのはメルセデス社の意思最高決定機関である取締役会とのことで、事実ならレッドブル・レーシングへのエンジン供給の可能性は完全に閉じられたことになる筈だ。

その一方で現在の搭載エンジンであるルノーとの関係決裂は決定的とのことで、2016年の契約破棄は確実とみられている。
その場合、マクラーレン・チームとの契約内容からホンダという選択肢は考えられず、必然的にフェラーリ・エンジンということになりそうだ。

ただ、すべてはルノーのロータス・チーム買収という決断が前提で、こちらが決まれば事態は一気に動き出すことになるとみられる。

|

« 痛恨ライコネン(フェラーリ)、「スタート手順は適切」 | トップページ | 「マクラーレン、新井康久氏更迭を要求」との報 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62240377

この記事へのトラックバック一覧です: メルセデス、レッドブルへのエンジン供給を拒否:

« 痛恨ライコネン(フェラーリ)、「スタート手順は適切」 | トップページ | 「マクラーレン、新井康久氏更迭を要求」との報 »