« ハミルトン(メルセデス)、「完璧な週末だった」 | トップページ | ハミルトン、1ストップ戦略で高速のモンツァを制す (ピレリ) »

2015/09/07

グロージャン(ロータス)、「追突されてブチ壊し」

Romain Grosjean (C)Renault Sport F1
拡大します
イタリアGP決勝レースを8番グリッドという好位置からスタートしたロータス・チームのロマン・グロージャンだったが、アクシデントによりオープニングラップでリタイヤという残念な結果で終えた。

「話にならないよ。
スタートからたったの数百メートルで僕のレースは終わってしまったんだ。
せっかくいいスタートを決めたのに、1コーナーでナスル(ザウバー)に追突されてリヤサスペンションが壊れたんだよ。
彼の動きはあまりにも安易で楽観的。
そんな走りのためにレースをブチ壊しにされたんじゃたまらないよ」と、怒りが収まらない様子のグロージャン。

ただそのグロージャン自身も以前はアクシデントの常習者で「壊し屋」とライバルから非難されていたのだが。

|

« ハミルトン(メルセデス)、「完璧な週末だった」 | トップページ | ハミルトン、1ストップ戦略で高速のモンツァを制す (ピレリ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62235111

この記事へのトラックバック一覧です: グロージャン(ロータス)、「追突されてブチ壊し」:

« ハミルトン(メルセデス)、「完璧な週末だった」 | トップページ | ハミルトン、1ストップ戦略で高速のモンツァを制す (ピレリ) »