« レッドブルvsルノー、シンガポールGPで最終交渉 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、タイトル争い諦めず »

2015/09/12

アロンソ(マクラーレン)はバトン残留を希望

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
二人の元F1チャンピオンを抱える豪勢マクラーレン・チームだが、バトンのほうは単年契約とされていて、今シーズン末で契約終了の可能性が高いとされる。
これについてチームメイトであるアロンソが言及、「チームのためにはバトン残留が望ましい」との見解を明らかにした。

同チームでは2010年から在籍するバトンへの信頼は高いものの、ケビン・マグヌッセンやストッフェル・ファンドーネら内部昇格の候補生を複数抱えているという事情もあり、選択を難しいものにしている。

もちろんアロンソにドライバーを選択する権利はないが、個人的な意見として次のように語ったもの。
「いまチームはとても難しい状況にあるが、バトンがいることでどれだけ助けられたかわからない。
F1チャンピオンとしての彼の経験と洞察は、とりわけエアロダイナミックスやマシンのセットアップ等でチームに大きく貢献している。
だから僕は彼と来年も一緒に仕事をできればそのメリットは大きいと断言するね」

ただ財政面でも困難な状況にあるマクラーレン・チームにとって、アロンソ&バトンというドライバーを抱えるのは大きな負担になっているのも事実だ。

|

« レッドブルvsルノー、シンガポールGPで最終交渉 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、タイトル争い諦めず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62264292

この記事へのトラックバック一覧です: アロンソ(マクラーレン)はバトン残留を希望:

« レッドブルvsルノー、シンガポールGPで最終交渉 | トップページ | ロズベルグ(メルセデス)、タイトル争い諦めず »