« イタリアGPフリー3回目、ここでもハミルトン最速 | トップページ | イタリアGP予選Q2、フェラーリ勢躍進 »

2015/09/05

イタリアGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ沈む

いよいよイタリアGPの公式予選がスタートした。
天候は晴れ、路面もすでにすっかりドライコンディションとなっている。
セッション開始時の気温22度、路面温度は34度と報告されている。

トップタイムはまたしてもハミルトン(メルセデス)で1'24.251。
これに僚友ロズベルグ(メルセデス)が0.358秒の差で続いた。
3番手ライコネン(フェラーリ)、4-5番手ペレス&ヒュルケンバーグのフォース・インディア勢、6番手ボタス&マッサ、7番手ベッテル(フェラーリ)、8-9番手ナスル&エリクソンのザウバー勢、10番手がグロージャン(ロータス)だった。

ここで脱落したのはバトン&アロンソのマクラーレン勢、スティーブンス&メルヒのマノー勢、そしてマシントラブルで出走がギリギリになったフェルスタッペン(トロ・ロッソ)の5台。
フェルスタッペンは作業ミスか、エンジンカウルを派手に飛ばしての走行だった。
また午前のフリー走行でマシントラブルに見舞われたリカルド(レッドブル)のマシンはピットガレージで作業が続けられたが最後に1発のタイムで14番手に飛び込んだ。

|

« イタリアGPフリー3回目、ここでもハミルトン最速 | トップページ | イタリアGP予選Q2、フェラーリ勢躍進 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62224717

この記事へのトラックバック一覧です: イタリアGP予選Q1、マクラーレン・ホンダ沈む:

« イタリアGPフリー3回目、ここでもハミルトン最速 | トップページ | イタリアGP予選Q2、フェラーリ勢躍進 »