« F1の逸材フェルスタッペン、富士スピードウェイへ | トップページ | マグヌッセン大失態! 左手首骨折 »

2015/09/16

FIA、ドライバー視点のカメラ導入検討

 Magneti Marelli

本体の小型化・高性能化に伴いF1でもすっかりお馴染みとなった車載カメラだが、これまでのマシン搭載のものからドライバー目線を尊重した「人載カメラ」への移行が検討されていることがわかった。

これはFIA(国際自動車連盟)のモータースポーツ安全部門の関係者が明らかにしたもので、開発中というその新型カメラはわずかUSBメモリー1個くらいの大きさで、性能もこれまでのものと比べ16倍にもなる優れものとのことだ。
実際の開発に当たったのはフェラーリ・チームのスポンサーとしても馴染み深いイタリアの電気器機メーカーである『マネッテイ・マレリ社』であるという。

説明によれば、高性能化により万一のアクシデントの際にもドライバーの視点からの解明が可能になると期待されている。

|

« F1の逸材フェルスタッペン、富士スピードウェイへ | トップページ | マグヌッセン大失態! 左手首骨折 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62290636

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、ドライバー視点のカメラ導入検討:

« F1の逸材フェルスタッペン、富士スピードウェイへ | トップページ | マグヌッセン大失態! 左手首骨折 »