« ピレリ、ロシアグランプリまでのタイヤ選択を発表 | トップページ | 不振マクラーレン深刻、スポンサー離れも »

2015/09/11

ハースF1チーム、アメリカ人ドライバー起用断念

 Haas F1 Logo (C)Haas F1 Team
元々米NASCARのチームが母体となったためアメリカ色を強くするハースF1チームだが、どうやら規定していたアメリカ人ドライバーの起用は断念に追い込まれた模様だ。

これは、実質的に同チームを指揮することになったギュンター・スタイナー氏が明らかにしたもので、「アメリカ人を起用するといっても誰が候補にいるんだい。
現役のF1ドライバーなんて誰もいないし、傘下のシリーズに何人か若手がいるといっても新規参戦するチームに新人のルーキー・ドライバーを起用するのはリスクが高すぎる。
そうなるとおのずと候補は限られてくるだろう」と、懐疑的。
噂ではアレクサンダー・ロッシやダニカ・パトリックらの名前が伝えられていた。

その上で同氏は、「少なくともドライバーの一人については今月中にも明らかにできるんじゃないかな」と、すでに交渉が進捗していることを示唆した。
F1パドックでは、エステバン・グティエレス(23歳:メキシコ)とジャン・エリック・ベルニュ(25歳:フランス)らの名前が上げられている。
この二人はいずれも同チームがパートナーシップを組む予定のフェラーリと深い関係にあるドライバーだ。

|

« ピレリ、ロシアグランプリまでのタイヤ選択を発表 | トップページ | 不振マクラーレン深刻、スポンサー離れも »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62257941

この記事へのトラックバック一覧です: ハースF1チーム、アメリカ人ドライバー起用断念:

« ピレリ、ロシアグランプリまでのタイヤ選択を発表 | トップページ | 不振マクラーレン深刻、スポンサー離れも »