« マノー・マルシア、A.ロッシとドライバー契約 | トップページ | シンガポールGP、3日間とも雨の可能性 »

2015/09/17

C.ゴーン/ルノーCEO、「エンジン・サプライヤーは終了」

Carlos Ghosn (C)Redbull Racing
拡大します
かねてF1パドックで噂の中心になっているルノーの去就問題だが、同社を率いるカルロス・ゴーン/CEOは「エンジン・サプライヤーとしての継続はない」と、レッドブル・グループとの訣別を示唆した。

これにより現在行われているレッドブル・レーシング&スクーデリア・トロ・ロッソへのエンジン供給は終了するとみられるが、自身によるワークス参戦の道については明言していない。
その一方でゴーン氏は、「われわれは契約を尊重しているが、そうではない相手がいる」と、名指しは避けながらもレッドブルに対する相当な不満を隠さなかった。

ルノーにとって選択の道は「エンジン・サプライヤーを継続する」か、「ワークスチームとして参戦」、そして「F1から完全撤退」だったが、ゴーン氏の今回の口ぶりからは残念ながらF1に対し積極的な姿勢は感じ取れなかったようだ。

決裂の場合、レッドブル・グループの2チームはフェラーリ・エンジン搭載を選択する可能性が高い。

|

« マノー・マルシア、A.ロッシとドライバー契約 | トップページ | シンガポールGP、3日間とも雨の可能性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62296501

この記事へのトラックバック一覧です: C.ゴーン/ルノーCEO、「エンジン・サプライヤーは終了」:

« マノー・マルシア、A.ロッシとドライバー契約 | トップページ | シンガポールGP、3日間とも雨の可能性 »