« フリー走行1回目、新人ロッシ(マノー)がクラッシュ | トップページ | クビアト(レッドブル)、「真実の姿じゃない」 »

2015/09/19

フリー走行2回目、クビアト(レッドブル)が最速タイム

Image (C)Redbull Racing
拡大します
18日(金)夜、シンガポールGPのフリー走行2回目セッションが行われた。
すっかり日も暮れたヤス・マリーナ・サーキットは気温28度、路面温度32度、湿度は81%まで低下した。

1回目の最後にロッシがクラッシュして赤旗中断の原因を作ったマノー・マルシアだが、今回はスティーブンスがやはりガードレールにクラッシュして再び赤旗中断となった。
再開後の走行ではサインツ(トロ・ロッソ)がウォールにヒットしてタイヤをパンクさせている。

結局トップタイムをマークしたのはルノー・パワーを搭載するレッドブル・レーシングの新鋭ダニール・クビアト(21歳:ロシア)で、ベストタイム1'46.142を記録した。
1回目セッションではトラブルで満足に走れなかったクビアトだが、みごとに挽回してみせた。
2番手はフェラーリのライコネンでクビアトとは0.039秒の差。
3番手もレッドブルのダニエル・リカルド。
本命メルセデスAMGのハミルトンは4番手、以下5番手ベッテル(フェラーリ)、6番手ペレス(フォース・インディア)、7番手ロズベルグ(メルセデス)、8番手アロンソ(マクラーレン)、9番手ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、10番手がフェルスタッペン(トロ・ロッソ)だった。

ウィリアムズ勢はマッサ11番手、ボタス17番手に低迷。
マクラーレンのバトンは14番手、ルーキーのロッシ(マノー・マルシア)はチームメイトを交わして19番手になった。

シンガポールGPフリー走行2回目の結果はこちら
シンガポールGPの画像はこちら

|

« フリー走行1回目、新人ロッシ(マノー)がクラッシュ | トップページ | クビアト(レッドブル)、「真実の姿じゃない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62308139

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目、クビアト(レッドブル)が最速タイム:

« フリー走行1回目、新人ロッシ(マノー)がクラッシュ | トップページ | クビアト(レッドブル)、「真実の姿じゃない」 »