« アロンソ&バトン(ホンダ)、合わせて「55グリッド降格」 | トップページ | 改善マクラーレン・ホンダ、初日は「ムムム……」 »

2015/08/22

ドイツTV局、放映契約更新でドイツGP復活に弾み

Hockenheim Stand (C)Mercedes Motorsport
拡大します
ベルギーGPが開幕した21日(金)、ドイツのテレビ局『RTL』がFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)との間でドイツ国内の地上波でのF1放映権の更新で合意したことが報じられた。

F1においてドイツはチャンピオン・チームであるメルセデスAMGの本拠地であるだけでなく、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)、ニコ・ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)らを擁する最有力国の一つ。
しかし観客数の減少などから今年ついにドイツGP消滅という危機を迎えていた。
今回の契約更新で再びF1熱を盛り上げたい考えだ。

なお元々ルクセンブルグに本拠を置くRTLグループのテレビ放送は、ドイツだけでなくオーストリア、オランダ、ベルギーなどヨーロッパの多くの国で視聴されている。

|

« アロンソ&バトン(ホンダ)、合わせて「55グリッド降格」 | トップページ | 改善マクラーレン・ホンダ、初日は「ムムム……」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62132153

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツTV局、放映契約更新でドイツGP復活に弾み:

« アロンソ&バトン(ホンダ)、合わせて「55グリッド降格」 | トップページ | 改善マクラーレン・ホンダ、初日は「ムムム……」 »