« ザウバー・チーム、フェラーリとの蜜月に終止符も | トップページ | エクレストン氏、モンツァの朗報を歓迎 »

2015/08/04

ピレリ、来季「タイヤ自由選択」を容認

Tyre Work (C)Williams F1
拡大します
最近のF1が盛り上がりを欠いていると指摘される理由の一つにタイヤの選択が限られていることが挙げられる。
これを受け、現在F1の独占タイヤサプライヤーであるピレリは、来季それぞれのチームが自由にタイヤ選択ができるようなレギュレーション変更に応じる用意があることを明らかにした。

現在はレース毎にピレリ側が使用する2種類のタイヤを選択、チームその二つの中でしか選択はできない。
しかし自由選択が実現すれば、チーム毎に独自のタイヤ作戦が立てられることになるためよりF1レースがよりスペクタクルなものになることが期待されるという。

ただこれについてFIA(国際自動車連盟)は「一部のチームが奇抜な戦略に走って安全を損なうようなことがあってはならない」と、慎重な姿勢をみせている。

|

« ザウバー・チーム、フェラーリとの蜜月に終止符も | トップページ | エクレストン氏、モンツァの朗報を歓迎 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62015509

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、来季「タイヤ自由選択」を容認:

« ザウバー・チーム、フェラーリとの蜜月に終止符も | トップページ | エクレストン氏、モンツァの朗報を歓迎 »