« タイヤバースト、ピレリ契約更新に悪影響も | トップページ | フェラーリ&ピレリ、イタリアGP前に手打ちへ »

2015/08/27

クローズド・コクピット案、再び浮上

Image (C)FMotorsports
拡大します
インディカー・シリーズのレースでジャスティン・ウィルソンが命を落としたことで、F1界にも警戒感が漂っている。
これはウィルソンが元F1ドライバーだったということもあるが、死亡原因がデブリ(破片)が頭部に当たったということで、これは同じオープンのフォーミュラカーであるF1マシンも同様の危険が考えられるからだ。

これを受け、昨年のビアンキ(マルシア)の事故の後に提案のあったジェット戦闘機のようなクローズドタイプのコクピット案が再び浮上しているという。
提言しているのはFIA(国際自動車連盟)のレースディレクターであるチャーリー・ホワイティング氏だが、前回廃案の理由とされた「ドライバーが事故時に閉じ込められる」という不安を取り除く必要がありそうだ。

|

« タイヤバースト、ピレリ契約更新に悪影響も | トップページ | フェラーリ&ピレリ、イタリアGP前に手打ちへ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62163519

この記事へのトラックバック一覧です: クローズド・コクピット案、再び浮上:

« タイヤバースト、ピレリ契約更新に悪影響も | トップページ | フェラーリ&ピレリ、イタリアGP前に手打ちへ »