« 2年前、ピレリは、同一タイヤによる走行可能な最大周回数の徹底を提案 | トップページ | ルノー、F1復帰の本命はフォース・インディアか »

2015/08/25

インディカー事故のウィルソンに心配の声

Justin Wilson (C)Ex.Jaguar Racing
拡大します
23日(日)行われたインディカーテ・レースで大きな事故に見舞われたジャスティン・ウィルソン(37歳:イギリス)にF1界からも多くの心配の声が寄せられている。

事故はポコノ・レースウェイで行われたもので他のマシンが喫したスピンを端に大きなアクシデントが誘発されたもの。
この際コース上に飛んだデブリ(破片)が当たってしまったウィルソンは頭部を損傷。
コクピットから救出されたウィルソンはペンシルバニア州の病院にヘリコプターで搬送されたがその容態は予断を許さないものであるという。

F1界最高の身長(192cm)で話題を呼んだウィルソンは2003年シーズンに当時のミナルディとジャガーで全16戦に出走、最高位はアメリカGPの8位(ジャガー)というものだった。

今回はF1レースでの事故ではないものの、ジュール・ビアンキを亡くしたばかりのF1からは心配する多くの激励メッセージがツイッターに書き込まれている。

|

« 2年前、ピレリは、同一タイヤによる走行可能な最大周回数の徹底を提案 | トップページ | ルノー、F1復帰の本命はフォース・インディアか »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62151297

この記事へのトラックバック一覧です: インディカー事故のウィルソンに心配の声:

« 2年前、ピレリは、同一タイヤによる走行可能な最大周回数の徹底を提案 | トップページ | ルノー、F1復帰の本命はフォース・インディアか »