« レッドブルのエンジン変更はロータス次第 | トップページ | フォーミュラEにオリンピック種目の可能性 »

2015/08/01

マクラーレン、ホンダの「意地」に辟易

R.Dennis & E.Boullier (C)McLaren Group
拡大します
大荒れとなったハンガリーGPではみごと復帰以来初となるW入賞を果たしたホンダだが、マクラーレン側はまだその戦闘力不足や信頼性の欠如が解決されたとは見ていないようだ。
こうした状況にマクラーレン・チームのエリック・ブイユ代表は次のように不満を露わにしている。

「厳しいレギュレーションもあり、ホンダが苦戦しているのはある意味止むを得ない。
しかしわれわれはいつまでも後れを取ったままでいる訳にはいかないのだ。
私はホンダに対し、『メルセデスでもいい、あるいはフェラーリでもいい、すでに先行するメーカーから有能な人材を引き抜いて開発プログラムを加速させるべきだ』と言った。
この世界、経験はカネが買うことができるのだから。
しかし彼らはそれをまったく受け入れようとしないんだ。
そうしているうちに、こちらが音を上げてしまうよ」

今シーズンの不振で、すでにマクラーレン・チームは大幅な経営ダメージを受けているとされるが、ホンダの新井康久氏は「外部から来た人間が直ちに戦力になるとは思わない。
アドバイスはありがたいがわれわれには自身で解決できる力がある」と、頑なな姿勢を崩していないという。

|

« レッドブルのエンジン変更はロータス次第 | トップページ | フォーミュラEにオリンピック種目の可能性 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61996052

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、ホンダの「意地」に辟易:

« レッドブルのエンジン変更はロータス次第 | トップページ | フォーミュラEにオリンピック種目の可能性 »