« GPDA(ドライバー団体)、ピレリに安全性申し入れ | トップページ | 繰り返されたタイヤ事故にFIAも重大関心示す »

2015/08/28

ロータス、スパでマシンを差し押さえられる

Belguim GP (C)Lotus F1 Team
拡大します
先のベルギーGPではみごと今季初となる3位表彰台をゲットしたロータス・チームだったが、深刻な財政難という噂を裏付けるようにレース後思わぬトラブルに見舞われていたことがわかった。

これは、元同チームのリザーブドライバーだったシャルル・ピック(25歳:フランス)が契約が不履行であるとして提訴したことによるもので、裁判の法廷執行吏が同チームのレース機材やトランスポーター等のスパからの移動を禁じたためという。

呈示されていた和解金は80万ドル(約9700万円)とも伝えられたが、数日後チームは無事この差し押さえを解除し、エンストンのファクトリーに戻ったという。
その裏には同チームの買収が噂されているルノーが関与したのでは、とささやかれているが真相は定かでない。

|

« GPDA(ドライバー団体)、ピレリに安全性申し入れ | トップページ | 繰り返されたタイヤ事故にFIAも重大関心示す »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62169849

この記事へのトラックバック一覧です: ロータス、スパでマシンを差し押さえられる:

« GPDA(ドライバー団体)、ピレリに安全性申し入れ | トップページ | 繰り返されたタイヤ事故にFIAも重大関心示す »