« ミカ・ハッキネン氏、ベッテルの怒りに理解示す | トップページ | フェラーリ・チーム代表、FDA継続を協調 »

2015/08/31

不振のマクラーレン・ホンダ、非難の応酬

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
期待されながらもレギュレーションによる不利もあって大不振を続けるマクラーレン・ホンダ。
これまでホンダ製のパワーユニットに非があると一方的に非難されてきたが、ここに来てホンダ側が反撃の狼煙を上げている。

これはホンダのF1開発責任者であるの新井康久氏/専務執行役員が述べたもの。
その中で同氏は、「これまでエンジン側の責任が強く非難されてきたが、シャシー側に責任がないわけではない。
今のマクラーレンのクルマは例えばレッドブルのものに比べてエアロダイナミックスでも劣っているし、メカニカルなグリップでも劣っている」と、反論。

これについてマクラーレン・チームのエリック・ブイユ代表は、「ホンダの名誉の為に言うならば、われわれのシャシーがベストではないことは認めよう。
昨季のものよりは進化しているものの、頼り抜きん出たものとは言い難い。
シャシーのグリップに欠けるのでそれをエアロダイナミックスで稼がなければならないので、その分のマイナスについてはエンジン側にも言い分があるんだろう。
ただ、それにしても……ね」と、重い口。

協調して解決にあたっているうちはいいが、本気で互いを非難するようになればこのパートナーシップは失敗に終わりかねない。

|

« ミカ・ハッキネン氏、ベッテルの怒りに理解示す | トップページ | フェラーリ・チーム代表、FDA継続を協調 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62189427

この記事へのトラックバック一覧です: 不振のマクラーレン・ホンダ、非難の応酬:

« ミカ・ハッキネン氏、ベッテルの怒りに理解示す | トップページ | フェラーリ・チーム代表、FDA継続を協調 »