« ハミルトン、P Zeroイエロー・ソフトで ミハエル・シューマッハの記録に並ぶ6戦連続ポールポジションを達成 | トップページ | 「我々にとって厳しいサーキットになることは分かっていた」 (ホンダ) »

2015/08/23

ピレリ、フリー走行で発生したニコ・ロズベルグの右リアタイヤのデフレーションに関して調査を行った結果、構造上の問題ではないことを確認

(C)Pirelli Motorsport
拡大します
2015年 ベルギーグランプリ
・今回の問題は、タイヤ構造に外部から損傷が加えられたことが原因

2015年8月22日、スパ・フランコルシャン
金曜日に発生したメルセデスのニコ・ロズベルグのタイヤ・デフレーション問題に関して、夜を徹して綿密な調査を行った結果、下記の結論が導き出されました。

・問題が発生したタイヤはもとより、メルセデスや他のチームが使用したタイヤ全てにおいて、構造上の問題は発見されなかった

・ロズベルグのマシンを撮影したビデオ映像は、タイヤ構造へ外部から損傷が加えられたことを示した

・他のタイヤの品質チェックでも異常は検知されなかった

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「ニコのタイヤで発生した問題の原因究明のため、徹底的な調査を行いました。その結果、タイヤの構造上の問題は払拭されました。収集した情報とデータにより、外部的な要因がタイヤに損傷を与えたことが判明しました」

ピレリジャパン・プレスリリース

|

« ハミルトン、P Zeroイエロー・ソフトで ミハエル・シューマッハの記録に並ぶ6戦連続ポールポジションを達成 | トップページ | 「我々にとって厳しいサーキットになることは分かっていた」 (ホンダ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62141255

この記事へのトラックバック一覧です: ピレリ、フリー走行で発生したニコ・ロズベルグの右リアタイヤのデフレーションに関して調査を行った結果、構造上の問題ではないことを確認 :

« ハミルトン、P Zeroイエロー・ソフトで ミハエル・シューマッハの記録に並ぶ6戦連続ポールポジションを達成 | トップページ | 「我々にとって厳しいサーキットになることは分かっていた」 (ホンダ) »