« クローズド・コクピット案、再び浮上 | トップページ | エクレストン氏、牛乳飲んでベルギーGP危機回避 »

2015/08/27

フェラーリ&ピレリ、イタリアGP前に手打ちへ

 Image
ベルギーGP決勝レース中に突然のタイヤ・バーストに見舞われたセバスチャン・ベッテルはレース後激しい口調でピレリタイヤの安全性について非難した。
その激しさについて、フェラーリ・チームとピレリタイヤ双方の地元であるイタリアのメディアは「フェラーリとピレリとの間で戦争勃発」との見出しをつけて報道したほどだった。

しかし両陣営ではこうして関係を悪化させたまま残りのシーズンを戦うのはいずれにとっても得策でないとして、次戦イタリアGP前にも関係修復のため会議の場を設けようとする動きがスタートしている。

この技術的な解析を行う会議にはフェラーリ・チームからマウリツィオ・アリバベーネ代表が、またピレリタイヤ側からはポール・ヘンベリー/モータースポーツ部門ディレクターが出席する見込みとなっているという。

|

« クローズド・コクピット案、再び浮上 | トップページ | エクレストン氏、牛乳飲んでベルギーGP危機回避 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62163852

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ&ピレリ、イタリアGP前に手打ちへ:

« クローズド・コクピット案、再び浮上 | トップページ | エクレストン氏、牛乳飲んでベルギーGP危機回避 »