« 残留ライコネン、「フェラーリはもう僕の家族」 | トップページ | ダニカ・パトリック、自らハースF1候補外れる »

2015/08/20

マクラーレン・ホンダ、ベルギーGP早くも予防線

McLaren Duo (C)McLaren Group
拡大します
今季ここまで不振に苦しんだマクラーレン・ホンダだが、この夏休み期間中開発を続けたというホンダではバージョンアップされたパワーユニットをこのベルギーGPに投入する構えだ。
成績不振が資金難にも直面しているマクラーレン側の期待は大きいが、しかしホンダ陣営の新井康久/プロジェクト総責任者は「ベルギーやイタリアはわれわれにとって不向きなコース」と、早くも予防線を張っている。

「ハンガリーではわれわれの努力が報われる好成績を収めることができたが、でも今週のベルギーや次のイタリアは決してわれわれ向きのコースとは言えない。
残念ながらベルギーは好成績を獲得するためのレースではなく、今後の改善のためできるだけ多くのことを学習するための舞台であると受け止めている」と、慎重威勢を崩さない新井氏。

これを受けマクラーレン・チームのエリック・ブイユ代表も「スパはドライバーにとってもマシンにとってもチャレンジングな素晴らしいコースだ。
F1カレンダーに中でも最高クラスだと言えるだろう。
だが残念ながら今のわれわれにとってスパは決して望ましい舞台ではないということ。
次のモンツァも同様だし、われわれが期待できるのはシンガポール(9月20日決勝)あたりまで先送りになるのではないか」と、いささか悲観的だ。

|

« 残留ライコネン、「フェラーリはもう僕の家族」 | トップページ | ダニカ・パトリック、自らハースF1候補外れる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62118445

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダ、ベルギーGP早くも予防線:

« 残留ライコネン、「フェラーリはもう僕の家族」 | トップページ | ダニカ・パトリック、自らハースF1候補外れる »