« ダニール・クビアト父、来季レッドブル残留に期待 | トップページ | ロータス、「ベルギーGPでの体制発表ない」 »

2015/08/16

FIA、新規参戦チーム「該当なし」認める

 FIA
F1は2016年からハースF1チームが加わることが確定しているが、その一方で依然一部のチームには資金難から撤退の噂が絶えないことから、FIA(国際自動車連盟)は2016年ないし2017年を念頭に再びさらなる新規参戦チームを公募していた。
当初のエントリー申請期限は6月30日まで、その後さらに1か月延長されていたもの。

これについてFIAは応募チーム数や名称を明らかにしていないが、残念ながら最終的に「承認該当なし」となった模様。
ただそれでもエクレストン氏が期待する「アウディ」など大手自動車メーカーの参戦意向があれば、追加承認される可能性はありそうだ。

これにより2016年は全11チームでのバトルということになった。
(参戦枠は12チームまで)

|

« ダニール・クビアト父、来季レッドブル残留に期待 | トップページ | ロータス、「ベルギーGPでの体制発表ない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62091459

この記事へのトラックバック一覧です: FIA、新規参戦チーム「該当なし」認める:

« ダニール・クビアト父、来季レッドブル残留に期待 | トップページ | ロータス、「ベルギーGPでの体制発表ない」 »