« マクラーレン・ホンダ、ベルギーGP早くも予防線 | トップページ | ベルギーGPのスチュワードもエマニュエル・ピロ氏 »

2015/08/20

ダニカ・パトリック、自らハースF1候補外れる

Danica Patrick/NASCAR
アメリカ人女性ドライバーとして筆頭格の実績を誇るダニカ・パトリック嬢(33歳:アメリカ)だが、このほど2016年NASCARドライバーとしての契約を更新したことがわかった。
これにより一部で名前が挙げられていたハースF1チーム(アメリカ)でのF1デビューの道を自ら閉ざしたことになる。

「私はこれまで繰り返し言っていたようにアメリカでのレースを最優先させてきました。
それは来年も変わりません。
今の自分はNASCARでのバトルに最高の喜びを感じています。
ですからこうして再び「スチュワート・ハース」での契約が更新できたことを心から喜んでいます。
今の私にこれ以上望むことはありませんよ」と、笑顔でコメント。

本人の否定にもかかわらずここまでハースF1で名前が挙げられ続けたのは、女性ドライバーとして商業価値が計り知れないものだからだ。

|

« マクラーレン・ホンダ、ベルギーGP早くも予防線 | トップページ | ベルギーGPのスチュワードもエマニュエル・ピロ氏 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62119237

この記事へのトラックバック一覧です: ダニカ・パトリック、自らハースF1候補外れる:

« マクラーレン・ホンダ、ベルギーGP早くも予防線 | トップページ | ベルギーGPのスチュワードもエマニュエル・ピロ氏 »