« フェラーリ、イタリアGPでライコネン残留発表か | トップページ | ジェンソン・バトン夫妻、盗難被害に遭う »

2015/08/07

シエルのF1オイルに疑惑浮上

Ferrari & Shell (C)Ferrari S.p.A.
拡大します 最近のレースで着実にその戦闘力を上げているフェラーリ・エンジンだが、提携するシエルのオイルにエンジンのパワーアップに貢献する要素があるのでは、とライバル陣営から指摘されFIA(国際自動車連盟)が検査を行ったことがわかった。

それによれば検査はメルセデス・エンジンも共に行われ、いずれのエンジンにも違法行為は確認されなかったと報告された。

疑惑の詳細は明らかでないが、一部エンジニアが語るところでは、規定の燃料センサーより下部に燃料成分を含んだオイルを噴射、これにより燃料消費のカウントを受けることなくパワーアップが図られるというもの。

しかしこれについてシエルの技術部門では、「そんなことで明確なパワーアップなどできないし、そもそもわれわれはレギュレーションを守ることに一点の曇りもない」と、強調した。
なお2011年に更新されたシエルとフェラーリとのパートナーシップ契約は今年末までとされている。

|

« フェラーリ、イタリアGPでライコネン残留発表か | トップページ | ジェンソン・バトン夫妻、盗難被害に遭う »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/62034295

この記事へのトラックバック一覧です: シエルのF1オイルに疑惑浮上:

« フェラーリ、イタリアGPでライコネン残留発表か | トップページ | ジェンソン・バトン夫妻、盗難被害に遭う »