« E.フィティパルディ氏、メキシコGPの公式大使に | トップページ | 2016年暫定F1カレンダー(7/10) »

2015/07/11

攪乱戦略か、フェラーリ候補にリカルドの名前も

Daniel Ricciardo (C)Scuderia Toro Rosso
拡大します
一部にキミ・ライコネン(フェラーリ)の来季シートが危ういと伝えられていて、その後任にボタス(ウィリアムズ)やヒュルケンバーグ(フォース・インディア)など多くの名前が挙げられているが、今度は積年のライバルであるレッドブル・レーシングのダニエル・リカルドが浮上しているのだという。

2011年に当時のHRT(前ヒスパニア・レーシング)からF1デビューを果たしたリカルドは、翌年から2013年までレッドブル・グループ傘下のトロ・ロッソ、さらに2014年から現在まではレッドブル・レーシングのレースドライバーとして起用されている。

不遇な時代のレッドブル・レーシングにあって今季はまだ一度も表彰台に上がっていないが、これまで通算3勝を記録した実力者であるリカルド。
フェラーリ・チームの来季候補とされることについて、「跳ね馬チームからの指名はとても名誉なことだと受け止めているけれど、でも僕にはレッドブル・レーシングとの契約があるから」と、冷静な姿勢を崩さなかった。

フェラーリがわざわざ移籍可能性の低いリカルドの名前をリークしたのは、ライバルの攪乱を狙った陽動作戦であるとの見方も多い。

|

« E.フィティパルディ氏、メキシコGPの公式大使に | トップページ | 2016年暫定F1カレンダー(7/10) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61870201

この記事へのトラックバック一覧です: 攪乱戦略か、フェラーリ候補にリカルドの名前も:

« E.フィティパルディ氏、メキシコGPの公式大使に | トップページ | 2016年暫定F1カレンダー(7/10) »