« マクラーレン代表、「ホームでこの結果は受け入れがたい」 | トップページ | 「予想通りの難しいレース」 (ホンダ) »

2015/07/05

アストンマーティン、エンジン供給者に名乗りか

 Aston Martin Logo
ルノー製パワーユニットの不振からその去就にも注目が集まっているレッドブル・レーシングだが、ここに来てスポーツカーの名門アストンマーティン社(イギリス)が同チームへのエンジン・サプライヤーとして名前が挙げられて注目を集めている。

まだ詳細は不明だが、同チームとルノーとの現地時間契約は2016年末まで有効とされることから実現したとしても2017年以降ということになりそうだ。

アストンマーティンは1959年と1960年の2シーズン、コンストラクターとしてF1参戦を果たしていて、予選最高位は2位(1959年:イギリスGP)、決勝最高位は6位(1959年:イギリスGP、ポルトガルGP)となっている。
近年までフォードの系列だったとされるが、現在デビッド・リチャーズ氏率いるプロドライブ社も株式を所有していると伝えられる。

|

« マクラーレン代表、「ホームでこの結果は受け入れがたい」 | トップページ | 「予想通りの難しいレース」 (ホンダ) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61839182

この記事へのトラックバック一覧です: アストンマーティン、エンジン供給者に名乗りか:

« マクラーレン代表、「ホームでこの結果は受け入れがたい」 | トップページ | 「予想通りの難しいレース」 (ホンダ) »