« ルノー勢リタイヤ原因は共に電気系 | トップページ | 成功か、F・インディアのBスペックマシン »

2015/07/07

マクラーレン首脳、「ホンダの不振は迷惑」

Eric Boullier (C)McLaren Group
拡大します
イギリスGPではアロンソがやっと今季初得点。
しかし第9戦を終えてランキング9位わずか5得点というのはマクラーレン・チームにとって不振と言われた昨年の同時期(6位、90ポイント)にすら比べるべくもない。
これについて同チームのエリック・ブイユ代表はいよいよ不満を口にするようになってきたようだ。

「ホンダにとって5年のプロジェクトなら3年目か4年目に勝てれば成功したと言うのかも知れない。
しかしわれわれにはそれだけ待っている余裕はないんだ。
この不振でマクラーレンがどれだけの商業的ダメージを受けていることか。
今回アロンソが初めてポイント獲得を果たしたが、これは他に多数のリタイヤが出たからであって、相対的なスピードはこのところ前進どころかむしろ後退しているのではないか。
今の時期に数秒もラップタイムが劣るというこのていたらくでは、残念ながらわがチームは来年になっても勝つことなどできないことだろう」

マクラーレンがホンダ側の開発スピードに持つ不満が次第に表面化してきたようだ。

|

« ルノー勢リタイヤ原因は共に電気系 | トップページ | 成功か、F・インディアのBスペックマシン »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61849103

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン首脳、「ホンダの不振は迷惑」:

« ルノー勢リタイヤ原因は共に電気系 | トップページ | 成功か、F・インディアのBスペックマシン »