« モータースポーツ評議会、エンジン規定を一部改訂 | トップページ | スタート前にもチームからの無線に制限 »

2015/07/12

フラビオ・ブリアトーレ氏に有罪判決

Flavio Briatore (C)Renault F1 UK
拡大します
イタリア出身の実業家で、ルノーF1チームの代表として黄金時代を築いた元チーム代表のフラビオ・ブリアトーレ氏に有罪判決が下ったことがわかった。

同氏はかつて『F1クラッシュ・ゲート事件』で話題を呼んだが、今回の裁判は自身の豪華ヨット『フォースブルー号』に関する脱税疑惑。
イタリアの『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙が報じるところによれば、実際にはレジャー用であるにもかかわらず、同氏はこれを虚偽の書類作成によりチャーター用のものとして申告、関連する係留勢や燃料税を免れたというもの。

判決は執行猶予のついたものというが、同氏の弁護士はこれを不服として控訴する方針という。

|

« モータースポーツ評議会、エンジン規定を一部改訂 | トップページ | スタート前にもチームからの無線に制限 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61875488

この記事へのトラックバック一覧です: フラビオ・ブリアトーレ氏に有罪判決:

« モータースポーツ評議会、エンジン規定を一部改訂 | トップページ | スタート前にもチームからの無線に制限 »