« スタート前にもチームからの無線に制限 | トップページ | ロータス・チーム、破産宣告間近の噂も »

2015/07/13

富豪ストロール氏が子息のため再び札束攻勢か

Lance Stroll (C)Ferrari S.p.A
拡大します
現在FDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の一員であるランス・ストロール(16歳:カナダ)の父親で、カナダの富豪として知られるローレンス・ストロール氏が巨額資金を用意、再び子息のF1デビューを強力に後押しする姿勢をみせている。

前回はザウバー・チームに狙いを定めていたとされるが、イタリアの専門誌『アウトスプリント』が報じるところによれば今回の照準はより戦闘力の高いウィリアムズ・チームであるようだ。

2010年、まだ11歳という若さでフェラーリのFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)のメンバーに抜擢されたランス・ストロールだが、改定されたスーパーライセンス発給規定では満18歳になる2017年まで計画の延期を余儀なくされている。

|

« スタート前にもチームからの無線に制限 | トップページ | ロータス・チーム、破産宣告間近の噂も »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61880670

この記事へのトラックバック一覧です: 富豪ストロール氏が子息のため再び札束攻勢か:

« スタート前にもチームからの無線に制限 | トップページ | ロータス・チーム、破産宣告間近の噂も »