« マノー・マルシア代表、「ビアンキのためにも継続」 | トップページ | GPDA、「ビアンキの死を無にしない」 »

2015/07/19

「ビアンキの闘いが終わった」と、フェラーリ追悼

Jules Bianchi (C)Ferrari S.p.A
拡大します
マルシアF1チームで選手生命を終えたジュール・ビアンキ(25歳:フランス)だったが、元々はFDA(フェラーリ・ドライバー・アカデミー)の一員に抜擢されるなどフェラーリ・チーム所属のドライバーだった。(マルシアはフェラーリ・エンジン搭載)

そのフェラーリ・チームはビアンキの死去に伴い、追悼の声明を明らかにしている。

「2014年10月5日、ジュール・ビアンキは鈴鹿の日本GPにおいてマルシアのマシンで走行中に大きなアクシデントに遭い、その際に負った怪我から回復することができず、残念ながら昨夜その生涯を終えた。
彼はこれまで常にそうしてきたように、この状況においても最後まで闘い続けた。
フェラーリ・チームはご家族に哀悼の意を表すると共に、ビアンキがわれわれの仲間であったことを誇りとする」

|

« マノー・マルシア代表、「ビアンキのためにも継続」 | トップページ | GPDA、「ビアンキの死を無にしない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61913137

この記事へのトラックバック一覧です: 「ビアンキの闘いが終わった」と、フェラーリ追悼:

« マノー・マルシア代表、「ビアンキのためにも継続」 | トップページ | GPDA、「ビアンキの死を無にしない」 »