« 狂乱レース、大量のペナルティ・ポイント | トップページ | 早くもトロ・ロッソに不協和音か »

2015/07/28

決勝レースで一変したハミルトン(メルセデス)

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
この週末、フリー走行からポールポジションを獲得した公式予選まで圧倒的なスピードを誇り、「ハンガロリンクではカートのようにマシンを振り回せる」とまで豪語したメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトンだったが、決勝レースでは一変。
チャンピオンらしからぬお粗末なレースを展開した挙げ句、なんとか6位まで挽回はしたもののドライブスルー・ペナルティーやペナルティ・ポイントまで科せられるという散々な結果になった。

「もう説明する言葉がないよ。
あまりにも自分のパフォーマンスが悪く、いったい何をやっているのか冷静になれず多くのミスを繰り広げてしまった。
この週末はいい流れできていたのに、なせ日曜日に突然変化してしまったのかわからない。
なんとかいくばくかのポイントは手にしたけれど、反省すべき点は山ほどある」

それでもチームメイトでランキング2位のロズベルグ(メルセデス)も今回「失敗」したため、チームメイトでもあるライバルとの差はさらに拡大する結果となった。

|

« 狂乱レース、大量のペナルティ・ポイント | トップページ | 早くもトロ・ロッソに不協和音か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61971652

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝レースで一変したハミルトン(メルセデス):

« 狂乱レース、大量のペナルティ・ポイント | トップページ | 早くもトロ・ロッソに不協和音か »