« ジュール・ビアンキ(前マルシア)、死亡 | トップページ | 「ビアンキの闘いが終わった」と、フェラーリ追悼 »

2015/07/19

マノー・マルシア代表、「ビアンキのためにも継続」

John Booth (C)Marussia F1 Team
拡大します
昨年までマルシアF1チームに在籍したジュール・ビアンキ(25歳:フランス)の死去を受け、同チームの継続母体であるマノー・マルシアF1チームのジョン・ブース代表が次のように弔意を表した。

「今朝、ジュールが死亡したとの報告を受け、チームは深い嘆きに包まれている。
この悲しみは、到底言葉で表せるものではない。
彼はわれわれ全員の心にいつまでも消えない大きな感動を刻み込んだ。
これからも彼はチームと共にあり、われわれはその遺志を継いでこれからも戦い続けていく」

万年ノーポイントの弱小チームであるマルシアだったが、2014年モナコGPでビアンキが9位入賞したことにより今季の活動資金に計り知れない貢献を果たしたことになる。

|

« ジュール・ビアンキ(前マルシア)、死亡 | トップページ | 「ビアンキの闘いが終わった」と、フェラーリ追悼 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61912204

この記事へのトラックバック一覧です: マノー・マルシア代表、「ビアンキのためにも継続」:

« ジュール・ビアンキ(前マルシア)、死亡 | トップページ | 「ビアンキの闘いが終わった」と、フェラーリ追悼 »