« フランス国内で「ルノーF1復帰」の噂駆け巡る | トップページ | 予選Q1、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム »

2015/07/04

イギリスGPフリー3回目、本命ハミルトン躍り出る

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
4日(土)午前、イギリスGPフリー走行3回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は21度、路面温度は27度と昨日よりもだいぶ低くなっている。
路面は引き続きドライコンディションだ。

60分間に渡るセッションで最速タイムを記録したのはメルセデスAMGのルイス・ハミルトンでベストタイム1'32.917を記録した。
これに0.552秒遅れるタイムで2番手になったのは僚友ロズベルグ(メルセデス)。
ロズベルグはギヤボックスのオイル漏れが発覚してしばらくガレージに留まっていたが最後のアタックには間に合っている。

以下、3-4番手にフェラーリのライコネン&ベッテル、5-6番手にトロ・ロッソのフェルスタッペン&サインツ、7-8番手にウィリアムズのマッサ&ボタスとここまでチーム毎の順位が並んだ。
9番手はクビアト(レッドブル)、10番手はマルドナド(ロータス)だった。

リカルド(レッドブル)は12番手、マクラーレンはバトン16番手、アロンソのほうは最後のアタックを行うことなく18番手に留まった。

イギリスGPフリー走行3回目の結果はこちら
イギリスGPの画像はこちら

|

« フランス国内で「ルノーF1復帰」の噂駆け巡る | トップページ | 予選Q1、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61836801

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスGPフリー3回目、本命ハミルトン躍り出る:

« フランス国内で「ルノーF1復帰」の噂駆け巡る | トップページ | 予選Q1、ライコネン(フェラーリ)が最速タイム »