« ボタス(ウィリアムズ)、伊GPまでに来季去就判断 | トップページ | トヨタ、2017年WRC参戦体制を明らかに »

2015/07/08

アストンマーティン、「F1はコスト掛かりすぎる」

 Aston Martin Logo
ルノー・パワーユニットの戦闘力不足に不満を持つとされるレッドブル・レーシングのパートナーに指摘されたアストンマーティン社だが、その前途はまだ容易なものではないようだ。
同社のアンディ・パーマー/CEOはF1へのエンジン供給について次のように語っている。

「われわれもスポーツカー・メーカーとしてF1には大きな魅力を感じている。
しかし、アストンマーティンにはそれだけの能力や資金もまだ十分ではない。
意欲はあるが、残念ながら現実的とは言えないな。
あのフェラーリにチャレンジできればいいんだけどね」と、控え目。

同社のパートナーには上記レッドブルだけでなくウィリアムズやフォース・インディアの名前も挙げられているが、資金的な面からはやはりレッドブルが最有力か。
なおパーマー/CEOは2014年9月まで、そのルノー傘下の日産で副社長を務めていた人物である。

|

« ボタス(ウィリアムズ)、伊GPまでに来季去就判断 | トップページ | トヨタ、2017年WRC参戦体制を明らかに »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61856805

この記事へのトラックバック一覧です: アストンマーティン、「F1はコスト掛かりすぎる」:

« ボタス(ウィリアムズ)、伊GPまでに来季去就判断 | トップページ | トヨタ、2017年WRC参戦体制を明らかに »