« ホンダ、夏休み明けの「大幅進化」を図る | トップページ | 多くのF1チームは「ピレリタイヤ継続」を支持 »

2015/07/31

夏休み入りのF1、来季のスケジュールに不満

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
先のハンガリーGPを終えたF1は、8月23日決勝の次戦ベルギーGPまで束の間の夏休みに入ったが、そうした配慮がなくなる2016年の暫定F1カレンダーについて速くも不満の声が聞かれている。

レッドブル・レーシングのクリスチャン・ホーナー代表は、「F1スタッフの生活を守る上で夏休みは重要なものだ。
来年のようなハードなスケジュールでは現場スタッフは疲弊してしまい、悪い影響が懸念される」と、訴えた。

またその原因となった史上最多になる年間21戦というグランプリ開催数についても、ザウバー・チームのモニシャ・カルテンボーン/CEOは、「年間最大20戦まで、というのがわれわれの暗黙の了解。
21戦というのはチームすべてが了解している訳ではない」と、FIA(国際自動車連盟)の一方的な発表に反発の姿勢をみせている。

ただメディア関係者によれば、バーニー・エクレストン氏はそもそもどこかのイベントがカレンダーから脱落するのを見越して計画したものであり、2016年について言えばその筆頭はイタリアGPということにあるようだ。

|

« ホンダ、夏休み明けの「大幅進化」を図る | トップページ | 多くのF1チームは「ピレリタイヤ継続」を支持 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61990092

この記事へのトラックバック一覧です: 夏休み入りのF1、来季のスケジュールに不満:

« ホンダ、夏休み明けの「大幅進化」を図る | トップページ | 多くのF1チームは「ピレリタイヤ継続」を支持 »