« ジュール・ビアンキ父、「息子の回復望めない」 | トップページ | ロン・デニス/マクラーレンCEO、「想定以上の苦境」 »

2015/07/16

米投資家グループがF1チーム買収計画

Image (C)Ferrari S.p.A
拡大します
アメリカの投資家グループが、既存のチームを買収、早ければ2016年シーズンにもアメリカ・チームとしてF1参戦を計画していることがわかった。
この計画を主導しているのはアメリカのレース・プロモーターであるタボ・エルムンド氏と投資家であるジェームズ・カーニー氏らであるとのこと。

対象となるのはマノー・マルシアであるとみられ、これが成功すれば来季はハースF1チームと共にアメリカのチームが2チームグリッドに並ぶことになるが、これは奇しくもFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表の「アメリカ市場重視」という意向に沿うものなのだという。

タボ・エルムンド氏はアメリカGPの計画等を巡りエクレストン氏とは旧知の仲でもあり、計画実現に大きな力になるかも知れない。

|

« ジュール・ビアンキ父、「息子の回復望めない」 | トップページ | ロン・デニス/マクラーレンCEO、「想定以上の苦境」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61893746

この記事へのトラックバック一覧です: 米投資家グループがF1チーム買収計画:

« ジュール・ビアンキ父、「息子の回復望めない」 | トップページ | ロン・デニス/マクラーレンCEO、「想定以上の苦境」 »