« E.グティエレス、ハースF1のレースシートに照準 | トップページ | E.フィティパルディ氏、メキシコGPの公式大使に »

2015/07/10

F1人気低迷のドイツで復活の兆し

Hockenheim Start Scene (C)Ferrari S.p.A
拡大します
チャンピオン・チームであるメルセデスAMGの母国で、現役ドライバーとしてもロズベルグやベッテル、ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)らを輩出するドイツだが、なぜかF1人気が低迷、ついに今年のドイツGPは開催が見送られる窮地に追い込まれている。

しかし当地の『ビルト』紙によれば、今シーズンは状況が好転。
カナダ、オーストリアGとドイツ国内の視聴者数が増加、とりわけ先のイギリスGPでは昨年より50万人も増加したと伝えられている。

一時はドイツGPの他にヨーロッパGPと称して1国2グランプリ開催もあったドイツでのF1人気復活が心待ちされている。

|

« E.グティエレス、ハースF1のレースシートに照準 | トップページ | E.フィティパルディ氏、メキシコGPの公式大使に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61865967

この記事へのトラックバック一覧です: F1人気低迷のドイツで復活の兆し:

« E.グティエレス、ハースF1のレースシートに照準 | トップページ | E.フィティパルディ氏、メキシコGPの公式大使に »