« ビアンキのカーナンバー#17、永久欠番に | トップページ | ビアンキのフェラーリ入り、決まってた »

2015/07/21

2017年のタイヤ供給、ミシュラン優位との報道も

Jean Todt (C)RedBull Racing
拡大します
現在F1にタイヤを独占供給しているピレリタイヤ(イタリア)の契約は、2016年末に満了する。
そこでFIA(国際自動車連盟)はすでに2017年以降の3年間についての新契約を公募しているが、これまではピレリの継続がほぼ既成事実となっていた。
しかしここに来てドイツの一部メディアはかつてやはりF1タイヤサプライヤーだったフランスのミシュランタイヤが優位に立っていると報道、注目を集めている。

そう報じたのはドイツの有力紙『ビルド』で、それによればジャン・トッドFIA会長がミシュランの採用を積極的に後押ししているというもの。

今年69歳になるトッド会長はフランス・ピエールフォールの出身で、良く知られるフェラーリ(イタリア)黄金時代の前にはプジョー・チーム(フランス)を率いてWRC(世界ラリー選手権)やSWC(スポーツカー世界選手権)でタイトル獲得を果たした経歴を持つ。

|

« ビアンキのカーナンバー#17、永久欠番に | トップページ | ビアンキのフェラーリ入り、決まってた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61927636

この記事へのトラックバック一覧です: 2017年のタイヤ供給、ミシュラン優位との報道も:

« ビアンキのカーナンバー#17、永久欠番に | トップページ | ビアンキのフェラーリ入り、決まってた »