« ハンガリーGPフリー1回目、ペレスがアクシデント | トップページ | ペレスの転倒はリヤサスペンション原因か »

2015/07/24

フリー走行2回目、レッドブル勢が復活

Hungaroring (C)Mercedes Motorsports
拡大します
24日(金)午後、引き続きフリー走行2回目セッションが行われた。
路面はドライコンディションで晴れ、雨の心配はない。
セッション開始時の気温は31度、路面温度はさらに53度まで上昇、タイヤにはきつそうだ。

午前のフリー走行では2回もの赤旗中断があったが、ここでもそれは繰り返された。
今回ストップしたのはリカルド(レッドブル)。
エンジントラブルなのか白煙を吐きながらコースサイドに自らマシンを止めると回収のためこの日3度目となる赤旗中断となった。

トップタイムとなったのはハミルトン(メルセデス)がマークした1'23.949でただ一人1分23秒台。
これにレッドブル・レーシングのクビアト0.351秒差で続いた。
3番手もリカルド(レッドブル)がつけたが、こちらのマシンは上記のように最後はストップしている。
以下、4番手ロズベルグ(メルセデス)、5番手ライコネン(フェラーリ)、6番手サインツ(トロ・ロッソ)、7番手ベッテル(フェラーリ)、8番手アロンソ(マクラーレン)、9番手ボタス(ウィリアムズ)、10番手がマッサ(ウィリアムズ)だった。

バトン(マクラーレン)は12番手、なおフォース・インディアのペレス&ヒュルケンバーグは事故調査のため今回走行していない。

ハンガリーGPの画像はこちら

|

« ハンガリーGPフリー1回目、ペレスがアクシデント | トップページ | ペレスの転倒はリヤサスペンション原因か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61950341

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目、レッドブル勢が復活:

« ハンガリーGPフリー1回目、ペレスがアクシデント | トップページ | ペレスの転倒はリヤサスペンション原因か »