« マノー・マルシア、F.ライマーをフリー1回目に | トップページ | フリー走行2回目、レッドブル勢が復活 »

2015/07/24

ハンガリーGPフリー1回目、ペレスがアクシデント

Hungaroring (C)Mercedes Motorsports
拡大します
F1は今週ハンガリーGPを迎え、24日(金)まずフリー走行1回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は27度、路面温度はすでに40度まで上昇している。
路面はドライコンディション、雨の心配はなさそうだ。
なおロータス・チームではグロージャンに代えてジョリオン・パーマー(24歳:イギリス)が、またマノー・マルシアでもメルヒに代えてリザーブドライバーであるファビオ・ライマー(26歳:スイス)がこちらは今回公式セッション初ドライブを果たしている。

セッションが60分近く過ぎた時、ペレス(フォース・インディア)のマシンが11コーナーの縁石に乗ったあとコントロールを失い、転倒・裏返しになる大きなアクシデント、セッションは直ちに赤旗中断となった。
ドライバーは自力で脱出、メディカルセンターでチェックを受けたが問題ない模様。

約17分後にセッションは再開されたが、今度は残り数分という終了間際、11コーナーでライコネン(フェラーリ)がフロントウィングを脱落、自身でこれを踏みつけデブリ(破片)がコース上に散乱したため再び赤旗中断に。
セッションが再開されたのは残りわずか1分というものだったが、それでもコースに出て行くマシンは多かった。

結局このセッションでトップタイムをマークしたのはハミルトン(メルセデス)でベストタイムは1'25.141というもの。
これに僚友ロズベルグ(メルセデス)が続き、以下ライコネン(フェラーリ)、リカルド(レッドブル)、クビアト(レッドブル)、ベッテル(フェラーリ)、サインツ(トロ・ロッソ)、ペレス(フォース・インディア)、ボタス(ウィリアムズ)、そしてフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が続いた。
マクラーレン・ホンダはアロンソ11番手、バトン12番手だった。

ハンガリーGPフリー走行1回目の結果はこちら
ハンガリーGPの画像はこちら

|

« マノー・マルシア、F.ライマーをフリー1回目に | トップページ | フリー走行2回目、レッドブル勢が復活 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61949131

この記事へのトラックバック一覧です: ハンガリーGPフリー1回目、ペレスがアクシデント:

« マノー・マルシア、F.ライマーをフリー1回目に | トップページ | フリー走行2回目、レッドブル勢が復活 »