« マクラーレン、バトンもグリッド降格ペナルティ | トップページ | オーストリアGP確定スターティンググリッド »

2015/06/21

ライコネン(フェラーリ)のQ1脱落は「連絡ミス」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
チームメイトであるベッテルがグリッド2列目(予選3位)を得た一方で、予選Q1落ちという屈辱にまみれたフェラーリ・チームのキミ・ライコネンだが、その原因はチームとドライバー間の連絡ミスだったという。

これについてライコネンは、「Q1では事前に3回のアタックをすることになっていたんだ。
ところがああいうコンディションだったし、間にクールラップを入れなければならない状況で3回目のアタックに間に合わないことがわかった。
ところが彼らはそれを僕に伝えることをしなかったんだよ。
出て行くタイミングが遅すぎて、最後のアタックができなかっただと。
そのたった1周のために、どれだけ犠牲を払うことになるのか。
明日のレースではこの不利なポジションから脱しなければならないけれど、こんな後位じゃオープニングラップを無事に切り抜けるのだってリスクがある」と、吐き捨てた。

実際ふだんクールな北欧の紳士も、脱落決定直後の無線交信ではかなりエキサイトしていた。
なおライコネンの予選は今季最悪の18位となっている。

|

« マクラーレン、バトンもグリッド降格ペナルティ | トップページ | オーストリアGP確定スターティンググリッド »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61772137

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)のQ1脱落は「連絡ミス」:

« マクラーレン、バトンもグリッド降格ペナルティ | トップページ | オーストリアGP確定スターティンググリッド »