« マルコ博士(レッドブル)、「ルノーここ3週間がヤマ」 | トップページ | パトリック・ヘッド氏、『ナイト』の称号受賞へ »

2015/06/13

ライコネン(フェラーリ)、「危険もF1の魅力」

Kimi Raikkonen (C)Ferrari S.p.A
拡大します
最近のF1について、以前よりその迫力・魅力に欠けているのでは、との指摘が絶えないが、古武士の感もあるベテランのキミ・ライコネン(フェラーリ)も同じ考えのようだ。

これはフランスのテレビ局『キャナル・プリュス』の取材に答えたもの。
ちなみにインタビューしたのはやはり元フェラーリの先輩ジャン・アレジ氏((フランス)。

「僕が2001年にデビューして最初に経験したF1はとてつもないものだった。
あれこそほんとうの意味でモータースポーツの最高峰というものだったね。
エキサイティングで、スリリング、もちろん今よりもっと危険なことも多かった。
それからF1はもっと速くなっていくんだと思っていたけれど、様々な対策が施された結果、F1はずっと遅いものになってしまったよ。
もちろん怪我人は出したくないけれど、もっとみんながドキドキするようなF1を取り戻したいね」と、クールなフィンランド人。

|

« マルコ博士(レッドブル)、「ルノーここ3週間がヤマ」 | トップページ | パトリック・ヘッド氏、『ナイト』の称号受賞へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61734893

この記事へのトラックバック一覧です: ライコネン(フェラーリ)、「危険もF1の魅力」:

« マルコ博士(レッドブル)、「ルノーここ3週間がヤマ」 | トップページ | パトリック・ヘッド氏、『ナイト』の称号受賞へ »