« レース中の燃料給油復活はお蔵入り | トップページ | F・インディア、アップデート仲間外れだった »

2015/06/11

マクラーレン・ホンダ、新フロントノーズ合格せず

McLaren 『MP4-30』 (C)McLaren Group
拡大します
ホンダ製パワーユニットの改善に務める一方で、シャシー面でもショートノーズを採用してエアロダイナミックスの効率化を図っているとされるマクラーレン・チームだが、肝心のクラッシュテストに依然合格していないと伝えられた。

これについてマクラーレン・チームのスポークスマンは「フロントノーズのショート化は大幅な変更になるのでFIA(国際自動車連盟)によるクラッシュテストが必要。
しかしもともとギリギリの線を狙っているので一度でクリアすることのほうが稀。
いまファクトリーでさらなる改良を施しているので近く合格できる筈」と、自信をみせている。

しかしクラッシュテストが行われた英国のメディアが伝えるところでは、マクラーレン・チームはすでに5回もテストに不合格になっているのだという。

|

« レース中の燃料給油復活はお蔵入り | トップページ | F・インディア、アップデート仲間外れだった »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61725659

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダ、新フロントノーズ合格せず:

« レース中の燃料給油復活はお蔵入り | トップページ | F・インディア、アップデート仲間外れだった »