« フォードもF1よりルマンを選択 | トップページ | 鈴鹿、サーキットカートを一新へ »

2015/06/16

ホンダ・エンジンの供給先にマノー・マルシア浮上

Powered by Honda (C)Honda Racing
拡大します
かねて第2のチームへのエンジン供給の可能性を示唆していたホンダだが、ここに来てマノー・マルシア・チームへの供給が浮上している。

これはドイツの専門誌である『スピード・ウィーク』が報じたもので、現在は昨年仕様とみられるフェラーリ・エンジンを搭載するマノー・マルシアは、チーム再建策の一つとしてホンダ・エンジンへの変更を考慮しているというもの。

同チームでは期待された今シーズン中の大幅なアップデートが遅れているが、すでに来季の躍進に向けて体制を整えつつあるとも伝えられ、ルノーやメルセデスなど経験豊富なボブ・ベル氏(57歳:イギリス)を獲得するなどカギになるメンバーも強化、今後の方針に関心が高まっている。

なおマクラーレン・チームとしてもロン・デニス/CEOがケビン・マグヌッセンの実戦起用にこだわっており、ホンダ・エンジン供給との関連も噂されている。

|

« フォードもF1よりルマンを選択 | トップページ | 鈴鹿、サーキットカートを一新へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61749350

この記事へのトラックバック一覧です: ホンダ・エンジンの供給先にマノー・マルシア浮上:

« フォードもF1よりルマンを選択 | トップページ | 鈴鹿、サーキットカートを一新へ »