« 「収集した膨大なデータをこれから解析する」 (ホンダ) | トップページ | FIA正式発表グリッド、「バトンが最後尾」 »

2015/06/07

バトン(マクラーレン)、決勝出走許可される

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
6日(土)行われたフリー走行3回目セッションの後、ERS(エネルギー回生システム)にトラブルが発見されたマクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは、結局午後の予選に出走が叶わなかった。

これについてホンダ陣営の新井康久/プロジェクト総責任者は「バトンのマシンはエンジンまでダメージがあった」と、説明している。
このためバトンは予選での107%タイム(1'21.141)をクリアしていないことになるが、カナダGPのレーススチュワード(競技審査委員)はバトンがそれまでのフリー走行で十分コンペティティブなタイムを記録していたとして決勝レースへの出走を許可した。

今回はペナルティ等によりベッテル(フェラーリ)やフェルスタッペン(トロ・ロッソ)らも最後尾スタートとなるが、実際のグリッドについてはまだ正式発表されていない。

|

« 「収集した膨大なデータをこれから解析する」 (ホンダ) | トップページ | FIA正式発表グリッド、「バトンが最後尾」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61707079

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、決勝出走許可される:

» F1カナダGP(2015 R7) [UKYOのつぶやき]
F1第7戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2015/06/07 13:09

« 「収集した膨大なデータをこれから解析する」 (ホンダ) | トップページ | FIA正式発表グリッド、「バトンが最後尾」 »