« マノー、ファビオ・ライマーをリザーブドライバーに | トップページ | ロン・デニス/CEO、マグヌッセンの実戦復帰に奔走 »

2015/06/05

マクラーレン・ホンダ、空力でもアップデート図る

McLaren 『MP4-30』 (C)McLaren Group
拡大します
モナコGP、ホンダはフェラーリと共にトークン(開発プログラムの単位)を複数使用したことが伝えられているが、マクラーレンはさらに空力面の改善でも大きな変更に乗り出し、新たにショートノーズの採用に踏み切ったことがわかった。

フロントノーズの大きな変更にはFIA(国際自動車連盟)のクラッシュテスト合格が必須だが、マクラーレン・チームによりそのための作業が行われたというもの。
ただ時間的なことを考えると新しいフロントノーズの登場は早くてもカナダGPの次のオーストリアGP(レッドブルリンク)でのデビューになるとみられる。
なおこれについて同チームは明確にしていない。

|

« マノー、ファビオ・ライマーをリザーブドライバーに | トップページ | ロン・デニス/CEO、マグヌッセンの実戦復帰に奔走 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61696705

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン・ホンダ、空力でもアップデート図る:

« マノー、ファビオ・ライマーをリザーブドライバーに | トップページ | ロン・デニス/CEO、マグヌッセンの実戦復帰に奔走 »