« P Zeroレッド・スーパーソフト、 予選前のわずかな走行機会にも関わらず、温暖なコンディション下で性能を発揮 (ピレリ) | トップページ | 次期もピレリの続投でF1関係者暗黙の合意か »

2015/06/08

カナダGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン

Lewis Hamilton (C)Mercedes Motorsports
拡大します
7日(日)午後行われたカナダGP決勝レースは、ポールポジションからスタートしたメルセデスAMGチームのルイス・ハミルトン(30歳:イギリス)が前戦味わった悔しさを乗り越えてみごとポールTOウィンを果たした。
ハミルトンはこれで今季7戦中4勝目。
自身通算37勝目でここカナダにおいてはミハエル・シューマッハの7勝に次ぐ4勝目、ポールTOウィンは3回目という相性の良さをみせた。

2位は終始ハミルトンを脅かすことができなかったチームメイトのニコ・ロズベルグ。
これにより前戦10点まで迫ったポイント差も再び17ポイントまで拡大することとなった。
3位はライコネン(フェラーリ)の自滅によりひさびさの表彰台を獲得したウィリアムズのバルテリ・ボタス。
ボタスにとってもチームにとってもこれは今季最高位となるものだ。

4位は3位を確実にしていながら29周目のピットストップ直後にヘアピンで派手なスピンを演じて順位を落とすことになったフェラーリのキミ・ライコネン。
今季ここまで続けてきたフェラーリ・チームが占めてきた表彰台の一角をついに明け渡す痛恨の結果となった。
5位は後位から追い上げたベッテル(フェラーリ)、6位マッサ(ウィリアムズ)、7位マルドナド(ロータス)、8位ヒュルケンバーグ(フォース・インディア)、9位クビアト(レッドブル)、10位グロージャン(ロータス)でここまでが入賞。

以下11位ペレス(フォース・インディア)、12位サインツ(トロ・ロッソ)、13位リカルド(レッドブル)、14位エリクソン(ザウバー)、15位フェルスタッペン(トロ・ロッソ)、16位ナスル(ザウバー)、17位スティーブンス(マノー)でここまでが完走。
リタイヤはメルヒ(マノー)、そしてマクラーレン・ホンダのバトン&アロンソという結果となった。

カナダGP:決勝レースの結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« P Zeroレッド・スーパーソフト、 予選前のわずかな走行機会にも関わらず、温暖なコンディション下で性能を発揮 (ピレリ) | トップページ | 次期もピレリの続投でF1関係者暗黙の合意か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61711593

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン:

» ハミルトン盤石の優勝(2015 Rd.7 Canada) [Es Monologue.]
モナコGPの悔しさを晴らした、見事なポールトゥウィンでした。が、レースではやはりメルセデスの勢の強さが目立ち、欲を言えばニコとハミルトンのバトルがあったら面白かっただろうなと感じるレースでした。それにしても、マクラーレンホンダ、トークン使いながら2台ともリタイヤはいただけませんね。なかなか道は険しそうです。... [続きを読む]

受信: 2015/06/08 23:50

» F1GP2015 カナダ [Kyan's BLOG V]
カナダGPはハミルトン(メルセデス)がポールTOウィン: FMotorsports F1 勝ったのはメルセデスのハミルトン,2位に同じくロズベルグ,3位にウィリアムズのボッタス。 表彰台の3台ともメルセデスエンジンか。 まだ6月なのだけれど,今年を象徴しているのかもしれない。 マクラーレン・ホンダは2台ともリタイア。 リタイア総数が3台のなかで。 それでも焦らず問題を一つずつ解決するように望むしかない。 頑張れ。 セーフティーカーも入らずにあまり荒れなかったレース。 こ... [続きを読む]

受信: 2015/06/09 00:11

» F1 2015 第7戦 カナダGP [VAIOちゃんのよもやまブログ]
ハミルトンがチームのミスで勝ちを取りこぼしたモナコに続く今季の7戦目はセントローレンス川に浮かぶジル・ビルヌーブサーキットでのカナダGP。コンクリートウォールがコースから ... [続きを読む]

受信: 2015/06/09 09:12

» F1カナダGP(2015 R7) [UKYOのつぶやき]
F1第7戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2015/06/09 20:47

« P Zeroレッド・スーパーソフト、 予選前のわずかな走行機会にも関わらず、温暖なコンディション下で性能を発揮 (ピレリ) | トップページ | 次期もピレリの続投でF1関係者暗黙の合意か »