« フリー走行1回目、ハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | レース中の燃料給油復活案、暗礁に »

2015/06/06

カナダGPフリー走行2回目は雨に見舞われる

Safetycar (C)Mercedes Motorsports
拡大します
5日(金)、カナダGPは引き続きフリー走行2回目セッションが行われた。
セッション開始時の気温は22度、路面温度は28度。
路面はドライコンディションだが、雨雲が迫っていると報告されている。

90分間のセッションの40分ほどが過ぎた頃ついに雨が路面を叩き、マシンはピットへと戻った。
50分過ぎ、ウェットタイヤに履き替え一番にコースに出たメルセデスAMGのハミルトンはしかしタイヤをロックさせいきなりヘアピンでタイヤバリヤに軽くクラッシュ、セッションは赤旗中断となった。
再開後も雨の勢いは収まらず、各車ピットに留まったままでこの日のセッションを終えた。

皮肉にもここでもトップタイムをマークしたのはそのハミルトンで、ただ一人1分15秒台に入れる1'15.988のベストタイムを記録。
(ハミルトンを含めすべてベストタイムはドライ時のもの)
2-3番手にはフェラーリのベッテル&ライコネン。
ベツテルとハミルトンとのタイム差は0.316秒。
4番手ロズベルグ(メルセデス)、5番手マルドナド(ロータス)、6番手ボタス(ウィリアムズ)、7番手グロージャン(ロータス)、8番手マッサ(ウィリアムズ)、9番手クビアト(レッドブル)、10番手がリカルド(レッドブル)。
マクラーレン勢はアロンソ15番手、バトン18番手だった。

カナダGP:フリー走行2回目の結果はこちら
カナダGPの画像はこちら

|

« フリー走行1回目、ハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | レース中の燃料給油復活案、暗礁に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61701152

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPフリー走行2回目は雨に見舞われる:

« フリー走行1回目、ハミルトン(メルセデス)最速 | トップページ | レース中の燃料給油復活案、暗礁に »