« ブイユ代表(マクラーレン)、ホンダにイライラも | トップページ | レース中の燃料給油復活はお蔵入り »

2015/06/10

F1チーム、新たな小規模チーム救済案

Image (C)Mercedes Motorsports
拡大します
参戦のコスト増加と共に参戦チームの減少が憂慮されているF1だが、カナダGPの会場でF1チームの会合が行われ、ここで新たな「小規模チーム救済案」が提言された模様だ。

関係者によればそれはF1に現行のコンストラクターズ・チームのみならず新設のフランチャイズ・チームによる参戦を認めようとするもの。
具体的には、フランチャイズ・チームはコンストラクターズからシャシーを購入。
これによりシャシー開発のコストを削減し、より資金規模の小さなチームにもF1の門戸を開けようというものだ。
ただもちろん正規のコンストラクターズ・チームとは別クラスのチャンピオンシップということになる。

しかしこれには肝心のバーニー・エクレストン氏が反対の意向と伝えられ、実現にはまだ時間が掛かりそうだ。

|

« ブイユ代表(マクラーレン)、ホンダにイライラも | トップページ | レース中の燃料給油復活はお蔵入り »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/61721265

この記事へのトラックバック一覧です: F1チーム、新たな小規模チーム救済案:

« ブイユ代表(マクラーレン)、ホンダにイライラも | トップページ | レース中の燃料給油復活はお蔵入り »